意外に身近な顔認識マーケティング

身近な所で顔認識マーケティングがありそうな場所といえば近い将来、ショッピングセンターにてタグコードを読み込み顔と認証させることにより、消費者に必要なものを該当ディスプレイに表示するという未来が来るとされています。

これはまだ実験さえ開始されていませんが近い将来そうなるとされています。身近な顔認証でスマートフォンに顔認証機能があり、顔を認識させることで本人かどうかを確認してスマホのロックを解除するというシステムがあります。このシステムであれば現在では多くのスマートフォンに使用されています。

身近な場所にある顔認識システムは他には犯罪者ですとか体の体温が高い人を探し出して病気出るかどうかを確認するというシステムは日本においては空港に設置されるなどをして犯罪を未然に防ぐために導入されています。

多分、皆さんが日常的に感じる顔認証はスマホとか空港のシステム関連だと思います。今はまだ、ショッピングセンターなどで広告を表示させるためのシステムは日本はまだ実験すらしていませんが近い将来、広告が該当ディスプレイに表示される日も近いかもしれないです。