映像制作をプロに頼んで売り上げをアップ

WEBの技術と映像制作会社

映像制作は現在過渡期に来ています。というのは数年前にHTML5という、コードが変化しこれまでflashでやっていた映像制作を、動画をトップページに搭載できるようになりました。社長の一言だったり、会社の概要をメニューからではなく動画から見る事も出来るようになりました。

WEBと映像制作会社はこれまで別の道を歩んできましたが、こうした事からWEBの会社も画像加工やデザインプログラムの他に、映像制作の用途が必要となりました。その為、映像制作会社と経営協力を結ぶか、もしくは自前の映像制作部をつくるなど、かなりこの数年で変化が見られるようになりました。

近年ではドローンを屈指した動画などが流行っています。実は動画自体はプログラムにおいて、サイトのトップに搭載する技術そのものは簡単であります。むしろFLASHのように、長ったらしいobjectタグに記述をしなくてよくなり、使用者としては楽です。ただ同時に個人の小さいWEB会社はかなり経費が掛かるという事にはなった筈ですね。これから統合などの動きがあるかもしれません。

映像制作会社と動画戦略

動画戦略という言葉があります。いかに動画を駆使して新商品を宣伝するかということです。新商品は素晴らしく、絶対に売れるという手応えを持っていても、それをいかにして伝えるかが重要であり、そのためにはプロモーション映像が必要なのです。

そしてそれを見てもらうことで、商品へのイメージを膨らませてもらうことや、実際にどのような場面で活用できるのか、それをダイレクトに伝えることができるのです。

映像制作会社はまさに動画戦略の先頭を走っており、企業からの依頼にいかに応えるか、それを試行錯誤しています。

動画戦略において、モデルとなる人、シーン、タイミング、クオリティ、いかに見える効果を出すかが重要になります。

映像制作会社との話し合いでは、企業側は自分たちがやってみたいことや、どの部分を強調して欲しいのか、という部分をはっきりと理解している必要があります。丸投げみたいな感じではなく、一緒に作るという意気込みで、納得できるまで話し合う必要があるでしょう。

効果の高い広報動画を目指す

企業の広報活動は消費者に企業に対して関心を持ってもらうのが大事な目的にです。そこで欠かせないことはストーリー性です。

多いのは利用者の実際の体験など物語風にした動画で、ぶつ切りの情報をつなぐのではなくて、連続性がある一つの物語として伝えるのが大事です。

広報動画を実際に利用するとき、複数の効果的活用法があり、会社のwebサイトなどで動画を配信する方法ですが、サイトのトップページなど目立ったところに動画を埋め込んで、24時間プロモーションする事が可能です。プレスリリースを出すときに動画も一緒に公開する方法もあります。

また、広報動画作成を映像制作会社に依頼するときにターゲットを明確化することが大事で、ターゲットと目的をどうするかにより動画内容などが全く違ってきます。

これらは広報動画を作るための必須要素で、あいまいなら効果につながりにくい動画となります。そして、タ-ゲットはなるべく具体的に絞ることです。ターゲット層を限定するほど心をつかむ動画を作れるのです。

映像制作の現場写真
映像制作の現場その1

動画制作のニーズはとても高まっている

ソーシャルメディアの普及で企業のコミュニケーション方法が大きく飛躍して、今迄みたいにマスメディアを通じて一方的に情報発信するといったことではなくて、企業のソーシャルメディア上での情報発信ができて、双方向のやり取りされてます。

そして月に100万人単位で閲覧されたりする企業のwebサイトの重要性は今後も高まります。多くの方に企業の魅力、商品を知ってもらうにはソーシャルメディア、webサイトと相性よく一瞬で興味を喚起させるような動画が必要なのです。

いくら便利なソフトなどあっても画像制作と比較して動画編集は高度な専門知識やスキルが必要です。初心者が手掛ければどうしても編集が不十分になったりします。

そしてノウハウがないまま撮影された動画は視聴者にとって単調で面白みに欠ける仕上がりになってしまいます。せっかく興味を持って視聴してくれた方をかえって落胆させる結果になりかねません。慣れない動画編集作業は時間が必要なので映像制作会社が役に立ちます。

動画制作において面白くするためのコツは

動画制作をするうえで意識すべきポイントは、単なる記録にならないようにするという点です。

どういう目的で動画制作をするにせよ、特定の映像の記録になってしまうのではなく、見ている側にとって1つのコンテンツであると意識させることができるようなものを作っていきましょう。そのためには撮り方と編集の仕方がポイントになります。

どういう内容の動画を撮るにせよ、撮り方が単調なものというのは見ている側としても飽きてしまう、退屈に感じてしまうということがあるのです。

アップで撮ったり、遠目から撮ったり、構図を変えてみるなどいろいろな変化をつけることが可能です。

そして、編集をする際には効果音やBGMをつけたり、テロップを入れたりということもできますから、そういった感じで、単なる映像の記録ではなく、動画として見られるものに仕上げていくと良いと思います。

そういう工夫をすると、見る側の気持ちも変わりますから、一気にコンテンツとして考えられると思うのです。

映像制作をプロに頼んで売り上げをアップ

ホームページで、店舗や企業のサービスを少しでも知ってもらいたいという方は映像制作のプロの頼むと、動画コンテンツの制作をしてくれます。

文字や写真だけでは、わからないサービスも映像ならわかりやすいです。自分で作るとなると、どのようにやったらいいのか迷う人も多いですね。

お客さんが見て素敵だと思うような映像があれば、ホームページが有名になります。企業や店舗だけでなく、個人の結婚式やイベントでも映像制作を頼む人が、増えています。友人に頼むという方法もありますが、プロの制作はきれいに仕上がります。よい思い出を作りたいと思っている方は、ぜひ相談してみましょう。

どのような映像ができるか、見本を公開している会社もあるので見ておくとわかりやすいです。サービスを購入したお客さんの評判も載っています。集客ができても、ホームページを見てつまらないとお客さんが逃げてしまいます。サービスの良さをわかってもらいましょう。

映像制作の現場写真
映像制作の現場その2