本格的な映像制作において

本格的な映像制作において用意すべきソフトウェアはいくつか存在します。まずは動画編集ソフトです。これは映像をカットして繋げたり、倍速にしたり色調補正したりといった編集操作を行うソフトです。有料のものだとAdobe PremiereやEDIUS、Finalcut等が存在します。中でもEDIUSはプロの現場で日常的に用いられているソフトです。無料のものだとやはりAviUtl有名でしょう。無料の編集ソフト中では随一の機能を誇り、よほど専門的な操作でない限りは充分プロ仕様のものの代用が効くほどです。次に映像編集・加工ソフトというものが存在します。これはAdobe After Effectsが代表格と言えます。Adobe製なだけあり大変高価なソフトですが、値段に見合った素晴らしい性能を持っています。After Effectsは通常の動画編集ソフトではできないエフェクトを動画に付与することが出来るのです。例えばオブジェクトに複雑な動きを加えたり、カメラを使って擬似的な3D空間を映しだり、雷や炎といったイカにもなエフェクトを加えたりと、動画制作においてできないことはないといっても過言ではないでしょう。

昔に比べると随分映像制作が簡単にできるようになったなと思います。これはやはり機材がデジタル化したという事が大きいような気がします。そうする事によって小型化して安くなりましたから誰でも気軽に購入できるようになったのです。その気になれば子供のお年玉でもハイビジョンのデジタルビデオカメラが購入できるのですから本当に凄いなと感心します。これも昔なら、それこそ数百万円とかそれ以上の金額を出さなければ購入できなかったのです。

またこれに加えて、パソコンの普及というのも大きな影響を与えました。テロップを挿入するという事も昔は困難な事だったと思いますが、これが簡単にできるようになりました。おかげで映像制作というのは非常に身近な存在になったと言えるでしょう。ここ最近はインターネットの動画サイトが賑わっている事もあり、この流れは益々加速しそうな勢いです。現代は、大人はもちろん子供までもが映像を作り上げられる環境が整っているのです。

女性の人生/ショッピングカート/オーディオ/心の童話/驚愕頭部/ショッピングカート